Work&Mind仕事と想い

支店業務について

日本の各地域ごとに設けられている支店では、
それぞれの地域における課題を見据え、
三井住友信託銀行だけの“こたえ”を提供しています。
ここでは、全国各地の支店で働く社員たちの業務と想いをご紹介します

北海道地方 リテール

札幌支店 鈴木 亮裕 2014年入社

リテール・ホールセールといった銀行業務のみならず、不動産・年金などの信託業務もあり、活躍できるフィールドが多いことや、入社後に多様なキャリアを選べることに魅力を感じ、入社を決意。リテール事業にて1年間の外訪担当を経て、現在は個人のお客さまへの住宅ローン営業に従事する。

01

Work

現在の職務内容について

個人ローン営業担当として、ハウスメーカー・不動産仲介会社・デベロッパーに営業活動を行い、お客さまをご紹介いただいています。お客さまへのローンを中心としたご提案や与信判断が主な業務です。リテール事業の一角であるローン業務は、住宅ローンの貸し出しはもちろんのこと、住宅ローンを起点として、資産形成層にあるお客さまに対して、将来にわたる資産形成全般のコンサルティングや、ときには相続に関わるコンサルティングも行っています。

Religion

北海道地方で仕事をする上でのポイントについて

北海道唯一の支店ですので、札幌市や近隣のみならず釧路や函館といった遠方のお客さまとも出会う機会が多いのが特徴。広範な北海道の全域をカバーしているわけですから、お客さまも経営者や医者をはじめ、農業や漁協関係者など、実に多様です。遠方のお客さまが多い分、ときには出張して直接お会いすることもありますが、電話や郵送、メールなどのあらゆるチャネルを駆使してリレーションを深めていくことで、お客さまの抱えるお悩みに向き合っています。また、北海道全域からお取引をいただいていますので、金融知識のみならず、道内事情や地域特性、さまざまなご職業に関する知識など、あらゆる情報にアンテナを張っておくことを、常に心がけています。

Career

これから描くキャリアについて

個人のお客さま向けにローンや資産運用、相続など幅広い提案をしてきたので、今後は企業向けの専門性の高い業務を経験したいと思っています。三井住友信託銀行には、信託銀行ならではの不動産や受託といった多様な専門領域においても活躍できるフィールドが広がっていますから、さまざまな業務の経験を積み重ねていくことで、それらを成長の糧としてキャリアアップを遂げていきたいです。そして最終的には、経験を経て身につけた専門性を個人のお客さまに還元できるよう、キャリアを歩みたいと考えています。まずは、ローン営業での経験を生かし、不動産やホールセール事業に挑戦していきたいです。

東北地方 リテール

仙台支店 佐々木 淑 2014年入社

三井住友信託銀行を選んだのは、OB・OG訪問などでお会いした社員の方々と一緒に仕事がしたいと思ったことが大きな理由。入社以来、仙台支店の店頭受付にてコンサルティング業務に従事しており、2016年の9月からは店頭受付チームのリーダーを務める。

02

Work

現在の職務内容について

個人のお客さまの資産運用や、不動産、ローン、遺言、相続などのさまざまなご相談に応えるリテール事業において、ご来店されるお客さまに対してコンサルティングを行っています。お客さまの資産全体を把握した上で、ニーズに沿った資産運用や財産管理の提案を行っています。また、店頭受付担当の9名のとりまとめを行うのもリーダーの仕事です。ときには、他の課や他支店の店頭受付チームとの情報交換や意見交換も行っています。

Religion

東北地方で仕事をする上でのポイントについて

仙台支店は東北6県にある唯一の支店のため、宮城県内だけでなく、岩手県、山形県、福島県といった隣県にお住まいのお客さまも数多く来店されます。お客さまとの会話の中で地域の行事や文化について教えていただくこともあり、刺激になっています。また、「地域に寄り添った信託銀行」となるべく、お祭りやウォーキングイベントといった地域のイベントに参加することで、地元の方々との交流を図っています。近くに他の支店がないため、東北地方のお客さまにとっては「仙台支店=三井住友信託銀行」。店頭での私たちの応対が印象の良し悪しを左右しますので、常に“会社の顔”であるという意識を忘れないように心がけています。

Career

これから描くキャリアについて

私は原則として転居を伴う転勤のないAコース採用なのですが、今後は他の支店へ1~2年程度異動をする、社内留学制度を利用してみたいですね。顧客基盤や地域性の異なる支店での業務を経験することによって、自分自身の提案の幅を広げられるのではと考えています。その上で、仙台支店に戻った際には、吸収した情報のフィードバックを行っていくことで、支店全体のレベルアップに貢献したいです。また将来的には、リテール以外の事業も経験してみたいです。そのためには、さらなるスキルアップが必要。私はまだ支店内での部署異動の経験もありませんが、今後はもっとさまざまな業務を経験していくことで、真のプロフェッショナルにふさわしい知識や技術の習得に励みたいと考えています。

中部地方 ホールセール

中京圏 太田 雅己 2015年入社

大学時代に、ベンチャー企業での長期インターンシップで企業の成長を目の当たりにし、生涯を通じてさまざまな企業の成長に貢献したり、課題を解決したりできるような仕事をしたいと考え、三井住友信託銀行の門を叩く。現在、名古屋にてホールセール事業の営業を担当する。

03

Work

現在の職務内容について

私が所属する部署では、中京圏(愛知県、三重県、岐阜県など)全域の法人のお客さまを担当し、既存顧客とのリレーション強化ならびに新規顧客の開拓を行っています。伝統的な銀行業務(受信・与信)に加え、証券代行事業・不動産事業・受託事業やプライベートバンキング部などの専門部署とも連携し、不動産仲介、M&A、IPO、福利厚生、リース、ビジネスマッチング、企業オーナーさまの相続対策などの幅広い分野の提案を通じて、お客さまとのリレーションを構築しています。

Religion

中部地方で仕事をする上でのポイントについて

中部地区は自動車産業に代表されるように日本のものづくりの拠点となっており、高い技術力を持つ企業やニッチな業界でトップシェアを維持している企業が多数存在しています。そのような企業で働く方々から直接製品や事業内容について教えていただけるというのも、この地域で働く醍醐味のひとつ。一方で、名古屋は排他的な地域と言われることが多いですが、配属されるまで名古屋に縁のなかった私でもまったくそのような印象は受けません。私の場合は、地元のバレーボールサークルに入って週末の練習や大会に参加しているうちに、この地域に自然と馴染むことができました。自分の働いている地域を好きになることは大切だと感じています。

Career

これから描くキャリアについて

現在携わっているホールセール事業において、まだまだ勉強することが多く、今後のキャリアについてはまだ具体的には考えられていないのが正直なところです。現時点で特に頭に置いているのは三点。銀行業務の中核である与信案件の経験を積むこと。当社が提供できる幅広い商品知識を身につけること。そして、自分の担当先企業の事業内容を深く理解することです。これらを通じて、信託銀行員としての基礎知識を身につけつつ、お客さまの記憶に残るような「私ならでは」の提案ができるようになることを目標に、日々の業務に臨んでいます。

近畿地方 リテール

近畿圏 仁井 翔太 2010年入社

金融業界の中でも幅広い分野に携われる信託銀行に興味を抱いた。選考の過程で多くの社員と話す中で、「こんな方々と働くことができれば、やりがいを感じながら働くことができる」と考え、三井住友信託銀行へ。入社後は、リテール事業で営業(店頭受付・外訪)を担当。

04

Work

現在の職務内容について

個人のお客さま一人ひとりのお悩みに対してコンサルティングを行うリテール事業の中でも、私が所属する課では富裕層のお客さまを中心に、銀行業務だけでなく信託業務も併せてコンサルティングを行っています。専門性が高い業務については、他事業に所属する社員とも連携しながら業務を遂行。現在は、相続対策を中心としたコンサルティング業務に加えて、後輩の育成指導も行っています。

Religion

近畿地方で仕事をする上でのポイントについて

私の所属する支店は、地主の方や退職されて第二の人生を迎えられた富裕層の方が多い地域にあります。不動産をはじめとした相続に関するお悩みを抱えるお客さまが多いこの地域では、不動産・遺言信託を扱える当社の優位性は高く、保有している商品・ノウハウや事業間の連携を最大限に生かすことで、ワンストップでスピーディなコンサルティングを可能にしています。大事なことは“お客さまにとって何がベストか”を共に考える姿勢。代々続く地主のお客さまであれば、大切に守ってこられた財産を今後どのように大切にかつ有益に保有していくか、想いを汲み取りながら、一緒に考え、提案することを心がけています。

Career

これから描くキャリアについて

入社して約7年、リテール事業に従事してきましたが、信託銀行は非常に幅広い事業領域を持っているため、まだまだ未経験のフィールドが広がっています。今後は、これまでリテール事業で培ってきた経験をもとに、他事業の経験も積んでいくことで、視野の広い総合的な提案ができる信託銀行員を目指してスキルアップしていきたいです。また、仕事は人と人とが密接に関わり合いながら進めていくものですので、コミュニケーションが何より重要となります。さまざまな人とのコミュニケーションを大切にしながら、目指すは、一人の営業担当者として信頼をいただける一流の信託銀行員。一人ひとり異なるお客さまのお悩みに的確に応え、一人でも多くのお客さまのお役に立っていきたいですね。

近畿地方 ホールセール

近畿圏 鹿間 善人 2006年入社

幅広い業界のお客さまと関わりながら、自らのキャラクター、知識で勝負でき、少数精鋭の同僚たちと実力を伸ばすことができると感じたことが入社の決め手。キャリアの大半をホールセール事業の法人営業担当者として歩み、現在へ。

05

Work

現在の職務内容について

関西に本社を構える大企業をはじめとして、機械・化学などのメーカーなどに対して、当社の商品・ノウハウを駆使したソリューションを提供するホールセール事業で営業担当。業界トップを走るようなお客さまからの高度なニーズに応える、先進的な提案活動を展開しています。単純な資金ニーズが少ない現況であるため、他事業や関連会社とも連携してお客さまのお悩みに深く入り込み、M&A、事業提携などにも踏み込んだ提案をしています。

Religion

近畿地方で仕事をする上でのポイントについて

大阪は住友グループ所縁の地であり、強固な顧客基盤を誇る地であるため、親密なお客さまが多く、当社のファンとの言葉もよくいただきます。合理的な一方で人情味にあふれた魅力的な社風のお客さまが多いですね。現在、マイナス金利・金余りの状況下であり、受与信業務を中心とした銀行業界には厳しい環境です。その中で、日々さまざまな「お困りごと」を真っ先に相談いただけるリレーションを構築してきたのが当社の強み。お客さまの期待に確実に応えていくことが、業界初のソリューションを創出することにつながると考えています。また、大阪の本店は、東京と比較すると小規模な分、連帯感が強いことが特徴。所在地にちなんで、普段から「チーム北浜」を標榜し、部門間連携を強く意識しています。

Career

これから描くキャリアについて

今は法人営業担当者として、先輩方から引き継いだこの強固な顧客基盤をさらに発展させるため、お客さまの期待に応えるべく、日々全力を尽くすことが私の責務です。これまでの社会人生活で東京勤務の経験がまだないので、東京の企業を担当したい気持ちはありますね。より大きなフィールドで、社内外の数多くの関係者と協働して、当社・お客さま双方にとって意義深い仕事にチャレンジしたいです。また、海外事業に関わりたいという希望もあります。海外拠点での提案メニュー拡張は当社の課題。国内同様に、信託銀行のノウハウを生かした幅広い提案が提供できるような仕組みづくりに携わりたいですね。

中国地方 ホールセール

広島支店 城内 美紀 2013年入社

転居を伴う転勤のないAコース社員であっても幅広い業務を経験できることに魅力を感じて、三井住友信託銀行に入社。個人のお客さまの店頭受付業務を約2年半担当した後、2015年の10月から法人営業担当として法人のお客さまへの資産運用や不動産活用の提案を行っている。

06

Work

現在の職務内容について

リテール・ホールセール双方の業務を行う広島支店で、法人のお客さまの資産運用相談の窓口として、主に地方銀行や信用金庫などの地方金融機関や財団・社団法人、学校法人、宗教法人などのお客さまに対してコンサルティングを行っています。お客さまの抱えるさまざまな課題に対して、提案内容によっては他事業・他部署とも連携を図りながら、お客さまにとって最善の提案ができるように励んでいます。

Religion

中国地方で仕事をする上でのポイントについて

個人のお客さまは広島エリアにお住まいの方が大半ですが、法人のお客さまは広島県だけではなく、山口県・島根県・鳥取県の一部も担当エリアとなっています。担当によっては、やや遠方のお客さまとも親しくなれるところが、魅力のひとつです。“カープ女子”に見られるように地元をこよなく愛する人々が多いこともこの地域の特徴。地元愛を持って、お客さまと仕事以外の話題を通じて接することで、仕事がさらに進めやすくなると実感しています。地元出身者の中には、出身の学校法人を担当し、それを武器に活躍している人もいます。また、地元に浸りつつも、地域外の人の話にも耳を傾けることも大切。他地域から転勤してきた同僚の指摘で、新たな気づきを得られることも多いです。

Career

これから描くキャリアについて

広島支店は、個人の資産運用やローンのご相談、法人の融資、資産運用、年金など幅広い業務を行う地方総合店。職員数も100名以上と規模の大きい支店ですが、転居を伴う転勤がない社員も多く、和気あいあいとした雰囲気で、とても仕事がしやすい環境です。Aコース社員として、この地域で働き続けることができるという利点を生かして、さまざまな業務に関わりたいと考えています。これまで店頭受付と法人資産業務に携わることができたので、次はローンや相続といった業務にも挑戦してみたいですね。業務によってやっていることや必要な知識がまるで違うので、習得するまでは大変ですが、最終的には支店の業務が全部分かるようになっていきたいですね。

九州地方 リテール

福岡支店 立岩 正治 2013年入社

資産運用会社・銀行を中心に就職活動を行う中で、魅力的な先輩社員との出会いや業務公募制度などチャレンジを求める社風が決め手となり、三井住友信託銀行へ。入社後はリテール事業で事務、店頭受付、外訪と、営業担当者としての業務を一通り経験する。

07

Work

現在の職務内容について

主に富裕層のお客さまに対する資産運用コンサルティングを中心に、遺言作成や不動産の売買仲介・有効活用、およびそれに伴う資金の融資などを提案しています。さらに、外訪担当者として営業活動を行うほか、支店全体の投資運用のまとめ役として新たな企画を立案・展開。お客さまとの間でWin-Winの関係を築くことを常に意識しています。

Religion

九州地方で仕事をする上でのポイントについて

九州の拠点である福岡支店では、リテール事業の外訪担当もホールセール・不動産・受託事業の担当者と同じフロアで仕事をしているため、情報交換も活発に行われています。他事業の目標や課題などを聞く機会が多く、支店にとどまらない会社全体のコンディションを意識することができます。福岡エリアは関東圏・関西圏と比べてメガバンクや証券会社の支店が少なく、地方銀行の存在感が強いのが特徴。地方銀行が信託代理店業務を強化してきたことで、当社とサービス面での均質化が進んでおり、信託銀行であることだけでは優位性を保てない環境となっています。当社としては、お客さまに「他社よりも早く」提案し、「他社よりも強く」リレーションを構築することが、今後の勝負を決する重大なポイントだと考えています。

Career

これから描くキャリアについて

現在任されている投資運用コンサルティングの元締め活動を通じて、マネジメントの能力を強化していくことが直近の目標です。その後は、元々大学のゼミでの論文作成を通じて資産運用・金融システムに興味を持ったことが金融業界を志すきっかけでもあったので、就職活動時から希望しているマーケット事業にチャレンジしてみたいですね。当社の自己勘定を舞台に対顧客業務・対市場業務の双方を経験した上で、ゆくゆくは海外業務にも挑戦し、マーケット事業のプロフェッショナルを目指していきたいと考えています。